第一部 管絃

 
 

東京楽所 <とうきょうがくそ>  代表 多 忠輝

1978年宮内庁式部職楽部のメンバーを主体に創設。 

有職としての雅楽ではなく、芸術音楽としての雅楽演奏を目的として結成された。

累代の楽人に併せて、民間の優秀な雅楽奏者も含めた現在、わが国最大規模であり、 

高い芸術性を有する雅楽団体である。                                     

78年以来、国内の数多くの雅楽公演に参加、高い評価を得る。

83年、外務省の招請により文化使節としてヨーロッパ各地で公演、

86年、エジプト・カイロ公演、

87年、米国において日本伝統使節団に参加.

2005年、日・EU市民交流年事業ベルリン、ロンドン大学公演、

2008年、日本/ブラジル交流年舞楽法会7公演

2009年、日ドナウ交流年ウイーン/ブタペスト公演、

2011年日独交流150周年ドイツ国内公演など世界的な活動を展開している。

十数枚のCDを制作出版し、雅楽の普及にも努めている。






                                                                                                                      


音取 越天楽残楽三返 西王楽

東京楽所 TOKYO-GAKUSO

聲明付「舞楽 算命楽」写真へ

第二部「舞楽法会」 写真ページへ